遺言

遺言

遺言(いごん)書はどうやって書けばよいか、公正証書いごんとは。簡単にまとめています。

いろいろ通販 > 遺言

遺言書

テレビドラマでよく「ゆいごんしょ」とか「ゆいごんじょう」などと言ってますが、法律上は「いごんしょ」が正しい読み方です。
相続人に遺産の分配方法を指定したものを「遺言(いごん)」、書かれた書類を「遺言書(いごんしょ)」と言います。

後者には個人(財産を遺す人)がすべて自筆で書くものと、公証役場で公証人に作成してもらうものがあります。前者を「自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)」といい、後者を「公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん」といいます。

もうひとつ「危急時遺言(ききゅうじいごん)」といって、生命の危機が生じたときに第三者に遺産分配の内容を話すものがありますが、これは前もって準備できるわけではないのであまり考える必要はないと思います。

遺言書の書き方

自筆証書遺言書を書くときには必ず守らなければならないルールがあります。このルールを守らないと遺言が無効になってしまうので十分に注意してください。公正証書遺言の場合には公証人がチェックしてくれるので心配はありません。

・全文を遺言者が自筆で書くこと
・日付と署名を自書すること
・押印すること

形式的なルールはこの3つ。
代筆はNG。パソコンで書いたものは無効。紙の種類は問わないが保存が効く丈夫なものがよい。日付はO年O月O日と特定する。はんこは認印でもよいが実印のほうがベター。など
細かいことをあげればきりがありませんのでこの辺で。

遺言の中身については複雑な法的判断が不可欠です。また個別具合的な判断になるので一般的なことを述べてもあまり意味がありません。
専門家の判断を仰ぐことをおすすめします。

 

公正証書遺言

公正証書遺言のメリット・デメリットを、自筆証書遺言と比較してみます。

まず何より大きなメリットは、「無効になる可能性がほぼない」ということ。
公証人の厳重なチェックがありますので、形式的に無効となることはほぼないでしょう(内容の無効の可能性はまた別の問題)。自筆の場合、特に一般の方が専門家の助言を受けずに一人で作られた場合、形式的用件を満たさない可能性が大きいです。

続いてのメリットは、遺言の存在が明らかになるということです。公正証書にすると公証役場に原本が保管されます。自筆だと破られたり内容を書き換えられたりという心配がありますが、この心配がありません。
そもそもすぐに遺言書が見つかるかどうかわからないという、自筆の場合の心配もありません。

デメリットはやはり費用がかかるということ。具体的なケースで費用の額はかなり違いいますが、少なくとも6桁(O十万円)は必要になると思います。

公証役場は以外に多く全国に約300ヶ所あると言われています。別に近所の公証役場に行かなければならないわけではなく、どこの公証役場でも利用できます。

遺言 トップへ戻る

Copyright 2015 © いろいろ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ