カビとり

カビとり

とっても面倒なカビとり掃除について簡単にまとめてみました。

いろいろ通販 > カビとり

お風呂のカビとり

カビが発生しやすい温度は20℃から30℃、湿度は80~100%。
お風呂場はこの条件を満たしやすいので、絶好の住処になります。

ほうっておくとどんどん増殖して掃除が大変になるので、こまめにカビとりすることが大事です。
もっとも安く済むのは、お酢を使うこと。酢と水を1:4の割合でまぜたものを、スプレーで壁に吹きかけてとります。
その後で、細かいところは使い古した歯ブラシでこすりとりましょう。
これで落ちない頑固なカビには、重曹が効果ありです。重曹をふりかけた後しばらく放置してからこすると取れやすくなります。

カビとりと同時にまた生えてこないように予防しましょう。
まず一つ目は、入浴した後せっけんやシャンプーの残りをしっかりと冷水で洗い流すこと。これでカビのえさになるものをとり除きます。温度を下げる効果もあります。
そしてお風呂から上がったら、壁や天井の水気をとり除くこと。さらにこまめに換気をすること。この手間をかけるとお風呂場の温度を下げることができるので、カビが繁殖しにくくなります。

 

畳のカビとり

畳替えをして1年目の畳は湿気をたくさん吸うので、カビが生えやすいです。
2年目以降は発生しにくくなるので、1年目にしっかりと予防するとカビとりの手間が省けます。

予防の第一はなるべく部屋を乾燥させること。とくに梅雨どきは湿度が高くなりますのでしっかりと湿気をとりましょう。
部屋を閉め切って除湿機を1時間くらい稼動させておきましょう。
また洗濯物の部屋干しは避けましょう。湿気が増えますから。
換気もまめに行いましょう。

できてしまったカビのとりかたは次のとおり。
準備するものは、エタノール、たわし、霧吹きスプレー、掃除機、タオルです。
まずエタノールを霧吹きスプレーで畳に直接吹きかけてとりやすくします。その後、畳の目にそってたわしでこすってとります。それから掃除機をかけて吸いとります。最後にもう一度、エタノールを吹きかけてかわいたタオルで拭きます。

 

エアコン カビとり

エアコンの内部に発生したカビを放置してると大変です!部屋中に毒をまきちらしているようなものです。
エアコンの風が臭うな、と思ったらカビが発生していると思って間違いないでしょう。

そこで、エアコンのカビとり掃除の仕方を簡単にまとめてみます。

掃除の前にコンセントは必ず外しておきましょう。

まずはエアコン本体の外側から。はたきをかけるか掃除機をかけるかしてほこりを除きます。その後水にぬらして固くしぼった雑巾で拭きます。

次にフィルターを外して掃除機をかけます。その後で水に濡らして、たわしで軽くこすって細かい汚れを落とします。洗い終わったら日陰において乾かします。

吹き出し口も雑巾で汚れを取りましょう。奥のほうは危ないので触らないほうがいいと思います。

私はこのあとでエアコン洗浄スプレーを使っています。夏に冷房を使い始めるときと冬に暖房を使い始めるときの年に2回です。使い方は製品の注意書きに忠実にしたがって行いましょう。誤った使い方をすると故障につながります。

 

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

カビとり トップへ戻る

Copyright 2015 © いろいろ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ